フレキシブル基板とは柔軟性があり大きく変形させる事が可能なプリント基板のこと

スポンサードリンク



フレキシブル基板とは、柔軟性があり大きく変形させることができるプリント基板のことを言うそうです。

Flexible printed circuitsというのが正式名称で、略語はフレキシブル基板もしくはFPCと呼ばれることもあります。

フレキシブル基板
を主に使用する電子機器業界では「フレキ」と呼ぶこともあるそうで、変形や柔軟性に長けている配線のようです。フレキシブルエレクトメニクスは、変形可能な電子部品に関する技術の総称のことを指します。 言われてもピンとこない方が多いかも知れませんが、携帯電話だとかデジタルカメラといった精密機器の中に入っている部品などで利用されています。

半年くらい工場関係で勤めていたことがありますが、薄い紙のような基板の上に機械を使って細かい部品を乗せていく仕事でした。薄いので当然、そのまま機械に流すことはできません。


ですので、鉄でできた板のようなものにフレキシブル基板をテープで貼り付けて「マガジン」と呼ばれるものに
入れて機械に流すわけです。


マシンは早いもので10分くらいで、20枚ずつ部品を乗せて炉を通過した製品が流れてきます。
それをまた、鉄板からはがす工程があるわけです。昨年のアメリカ経済危機で特に製造業は窮地に立たされていますが、
それ以前は最も人出が足りないとも言われていた求人でした。
求人には「マシンオペレーターは簡単な仕事」とありますが、これが一番きつくて難しい仕事と言っても
過言ではありませんでした。

事務職も難易度によっては難しいものもありますが、製造業ほど一日、一日の納期がビッシリ決まっていて
常にプレッシャーがかかるものではありませんが大変な仕事でした。

マシン
は人と違って融通がききませんので、いくらこちらの作業が間に合わなくても製品は
どんどん出来上がっていきます。

流すフレキシブル基板がなければ、マシンは止まってしまいます。
マシンが止まれば、一日にあげなくてはならない製造ノルマが達成されず、ノルマが達成されなければ
市場に出す製品も上がらず、それを売る営業も・・・というとても大切な部品なのです。


SPONSORED LINK



フレキシブル基板は紙みたいに薄い

フレキシブル基板は紙みたいに薄いので、人間の手ではんだ付けしたり部品を乗せることは不可能です。
そのマシンのメンテを人間がしながら製品を作っていくわけですが、鉄板にフレキシブル基板を貼り付けるのに
20枚を早い人で2分から3分、剥がしに1分から2分かかります。

部品取り換えには早い人で1分30秒、クリーニングは20枚流すたびに一回ずつしなければなりません。
さらにマシンは必ずしも順調には動きませんのでメンテも必要です。
慣れない人はほぼ勤務時間内、ずっとマシンの周りを走りっぱなしの状態になります。

こんな過程を得て、今、私たちの手にある携帯デジカメといった機器はできているのです。


スポンサードリンク